とにかく給与が高い!

外資系企業の給与に見られる特徴

外資系企業は一般の企業と比較すると給与が高い点が大きな魅力ですが、その理由として挙げられているのが外資系企業の給与の特徴です。主に挙げられているのは年俸制である点と年功序列がない点、そして役職者とそうではない人たちの給与設定が横並びではない点となっています。この中でも大きなポイントとされているのが年功序列がない点と、給与設定が横並びではない点です。年功序列がないということは、年齢に関係なく自身の仕事の能力とそれに伴った結果がそのまま給与に反映されることになりますよね。

さらにポジションに応じて給与設定が異なってくるため、同じ仕事をしていても外資系企業の場合はポジションによって給与が異なってくるのです。

転職による中途採用者が多いことも理由の一つ

このような給与の特徴がみられる理由として、転職して入社する人が多い傾向が挙げられています。新卒採用者であれば同じ給与設定からスタートできますが、転職してくる人の場合はある程度給与に対する交渉が行われますし、その能力に見合った給与を設定しなければいけません。しかもキャリアアップ目的で転職してくる人の場合は前職と同じまたはそれ以上の給与設定が求められるため、結果として一般企業よりも高い給与設定からスタートするという人も少なくないのです。

そのため外資系企業は見合った能力をしっかり持っていれば高い給与からスタートすることができるため、今よりももっと給与をもらいたいと考えている人にとっては非常に魅力的だと言えます。