まずはとにかく求人情報についてリサーチしよう

ネットで簡単に検索可能

外資系企業に転職したいときにはまず情報収集から始めるのが大切です。インターネットを使って求人情報は簡単に集められるのでまずは検索してみましょう。希望している規模、業種の企業から、今までの職歴から考えて候補にできる職種の求人が出ているかを確認するのも重要です。しかし、より大切なのは国内企業との違いについてリサーチすることで、英語力への要求やスキル、キャリアなどに関して何が求められているかを調べてみましょう。特に希望職種ごとに求められている能力には違いがあります。特に国内企業からの求人情報と比較して求められていることとの相違点を確認し、自分がその条件を満たせる可能性があるのかを見極めることが大切です。

もっとリサーチを進めたいなら

公開されている求人情報は氷山の一角でしかありません。もっとリサーチを進めて、本当に応募したい求人があるかどうかを判断したいと思ったら転職サイトに登録して探してみましょう。転職エージェントを利用できる転職サイトに登録すればかなり広範囲の求人を紹介してもらえるようになります。また、十分に能力やキャリアがある人ならスカウトを募集すると様々なオファーをもらうことができる可能性があります。ヘッドハンターに相談して外資系企業に限定して次のキャリアを考えたいという話をしてみるのも良いでしょう。能力や経験に応じて多様な求人を紹介してもらえるので、その内容をよく見て希望しているような働き方ができるかを考えてみるのが大切です。