服装や勤務が自由!

服装や髪形が自由、外資系企業は懐が深い

外資系企業の魅力的なポイントとして挙げられるのが、服装や勤務が自由なところです。日本企業が決して不自由という事ではありません。ただ大手企業から地方の中小企業まで、社則で服装規定が定まっている事がほとんどです。言わば社会人の校則とも言えるルールが、日本の組織にはほぼ例外なく存在しており、長髪や髪のカラーリングやパーマがNGであったり、ファッションに関する厳しい決まり事があります。最近は一部で認められる雰囲気も出てきましたが、ピアスやアクセサリーやタトゥーといったファッションについても、日本の企業は基本的にNGです。

翻って外資系企業はそのような服装規定がそもそもありません。従業員が個性的なファッションで自由にのびのびと自分らしく勤務出来るのがメリットです。ピアスやタトゥー、金髪や赤髪、個性的なパーマやパンクロック風のファッションなどでも特に問題視されないのが外資系企業特有の多様性を重んじる点です。

外資系企業は勤務場所や時間、出勤日などの自由度が高い

外資系企業は勤務場所や勤務時間が自由になっている事が多いです。仕事の成果をネット経由で定期的に送付すれば、自宅勤務OKという場合もあります。Wi-Fiが届く場所であれば、街中のおしゃれなカフェでも空港のラウンジ、一流ホテルの喫茶店や自然豊かな山奥のログハウスで大丈夫です。場合によっては日本の国に定住する必要さえもなく、海外からネット経由で打ち合わせやビジネス文書の提出を定期的にすれば、それで勤務的に問題視されないのが、外資系企業の自由度の高さです。もちろん勤務時間やシフトなども自由です。日本企業は勤務時間や出勤する日が厳格に定まっており、サービス残業や休日出勤なども常態化しています。翻って外資系企業なら、いわゆる一般職の社員でも自己判断で勤務時間やスケジュールを自由に設定できますので、プライベートを大事にしながら自分らしく勤務していけるのです。